NPO法人BSケア、モンゴル国立母子健康センターで母乳ケアセミナーを開催 - 海を超えた慈善活動が母子の健康を支援

NPO法人BSケアは、2024年6月25日(火)と6月26日(水)の2日間にわたり、モンゴル最大級の産科関連施設「モンゴル国立母子健康センター」(ウランバートル)にて、乳房ケア「BSケア®」セミナーを開催しました。母乳育児の重要性はWHOのガイドラインに示されています。モンゴルでも多くのお母さんが授乳の困難感を抱えている中、BSケアは赤ちゃんの母乳吸啜に基づいた乳房ケア「BSケア®」の理論と実技を伝え、現地の参加者から高い評価を得ました。この活動は、国境を越えた慈善活動として、母子の健康をサポートする重要な一歩となりました。

モンゴル国立母子健康センターの医療従事者とNPO法人BSケアのスタッフ

セミナー詳細

  • 開催日: 2024年6月25日(火)~26日(水)
  • 会場: モンゴル国立母子健康センター(ウランバートル)
  • 講師:
    • NPO法人BSケア理事長 寺田恵子
    • NPO法人BSケア監事 浅野美智留
  • 実技サポーター:BSケアプレゼンター® 7名
    • 大橋久美子、松田志帆、山田明美、峯田昌、中島美由紀、緒方理佐、山口多佳子
  • 広報担当:寺田縁
  • 受講者: モンゴル国の医療従事者(医師・助産師・看護師)25名
    ※BSケアプレゼンター®とは、当法人により認定された信頼できる母乳育児支援者(助産師)です

セミナー内容

  • 講義
    • BSケアの基本の考え方
    • BSケアの理論
  • 実技
    • 模型を使用した実技練習
    • 提唱者のBSケアの実際の場面を見学
    • プレゼンターのケアの実際の場面を見学
  • フォローアップ: 受講後の実践状況の調査と継続的なサポート

モンゴル国でのセミナー開催の経緯

モンゴル国でのセミナー開催のきっかけは、あるモンゴル人小児科医の女性の強い希望に基づいています。彼女は北海道で出産した義娘の乳房ケアに同行し、「BSケア®」によって、やさしいケアで乳房に生じた現象(母親の訴え)が解消される様子を目の当たりにしました。そして、このケアをモンゴル国に広めたいという思いから、現地の医療機関や行政に働きかけて実現しました。この施設でのBSケア®のセミナー開催は、2023年12月3日のオンライン開催に続き2度目です。念願叶っての現地開催が実現しました。

受講生の感想

  • この研修を受けられてよかった。24時間から72時間で退院し、70名のお母さんを担当している。赤ちゃんは、無事に生まれるがほとんどの方から産後1~2日目に母乳はどうしたらよいのかと相談が寄せられる。母乳指導する部屋も作り、これから授乳指導を始めるつもり。快適な心地よいサービスになると思う。正しく伝えられるようにしたい。今後も続けたい(助産師)
  • 今まで間違えていた。苦労するお母さんをもっと苦しめていた。負担のない温かい乳房ケアを習えてよかった。病院で実際していきたい。新人にも学生にも伝えたい(助産師)
  • 日本の新しい方法を努力して伝達してくれてありがとう。講師としていろいろ勉強会をしている立場としてベースの調査をして目的を明らかにするとよいと思う。ニーズがあるということを明らかにし進めることを提案する。研修生として参加できてラッキーです。初めから頑張って正しいやり方で伝えていきたい。国一番のこの施設で文化として定着したら、1~2年後に国で定着するはず(産婦人科医師)

今後も継続的な交流とサポートを実施

モンゴル国立母子健康センターからは、継続的なサポートが求められています。今後も、モンゴル国でのBSケア®と母乳育児支援の定着を目指し、継続的なフォローを行います。現地の受講者の実践状況の調査や支援を通じて、母子の健康と母乳育児の推進に貢献していきます。

■BSケア®について
「BSケア®」は、2002年に誕生した乳房ケアで、赤ちゃんの母乳吸啜を手で再現することにより、お母さんの乳房の反応を引き出す手技です。
産後のお母さんたちの「乳房マッサージが痛かった」「食べるものをきつく制限され、栄養失調になりそう…」という言葉をきっかけに、心身共にお母さんに痛みや負担与えないことを目指し理論と実技を確立しました。
当法人のセミナーでは、「その日の準夜勤務から実践できる」を合言葉に、赤ちゃんの母乳吸啜メカニズムや解剖学に基づいた理論・実技、臨床現場で多く出会う症例のアセスメント~実践、実践の中でのお母さんへの声掛け等を、段階に応じて学べるよう構成されています。
法人化以前を含め20年以上にわたり日本各地でセミナーを開催し、受講者の延べ人数は40,000人超、100名以上のBSケアプレゼンター®が誕生しました。多くの助産師がこの手技を学び、臨床現場で活用しています。

お問い合わせ先